FC2ブログ


   アフィリエイト初心者の試行錯誤
   [おとなの趣味]を合言葉にブログアフィリエイトに挑戦します。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
FC2カウンター


このブログが気に入ったら、クリックお願いします^^

アクセスアップにオートリンクネット リンクが自動で増殖オートリンクの登録はこちら シカゴ発 映画の精神医学
メルマガ最強化計画
ホームページ作成HTML

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

INFO

高報酬モバイル向けアフィリエイトASP
『アフィーモ!』誕生



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | ブログトップへ
(--/--/--(--) --:--)

 ディズニーDVD ランキング
ディズニーDVD売りあげランキングを見つけてみました。
完全予約生産のクラシックス・コレクション、魅かれます。。

ウォルト・ディズニー ディズニー アーリー・クラシックス・コレクション (完全予約生産)ディズニー アーリー・クラシックス・コレクション (完全予約生産)
出演:
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日 2006-09-22





さらに詳しい情報はコチラ≫

ディズニー チキン・リトルチキン・リトル
出演:
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日 2006-04-28


「空のかけらが落ちてきた!」と大騒ぎして街を大パニックに陥れたチキン・リトル。そのせいでチキン・リトルは町の人から疎まれるわ、同級生からはいじめられることになるわ。しかも愛する父親からも誤解を受けることに。そんな中でもチキン・リトルは「明日は新しい日になる」と信じて失地回復のため努力を続ける。だがそんなある日、なんと友人のフィッシュが宇宙船にさらわれて……。
ディズニー初のフルCGアニメだが、最新技術を使いながらあえて伝統的なカートゥーン(マンガ映画)に仕立てたのが面白い。そこに親子愛や、信じることの大切さなどハートフルなテーマを盛り込み、大人もグッと来るような作品に仕上げている。特に過保護な親が多い時代、自分の子供を信じいかに自立させるかを描いた本作を観て考えさせられる人も多いかも!?(横森文)


さらに詳しい情報はコチラ≫


ディズニー 東京ディズニーリゾート ガイドDVD ツインパック東京ディズニーリゾート ガイドDVD ツインパック
出演:
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日 2006-06-16





さらに詳しい情報はコチラ≫


デイズニー シンデレラ プラチナ・エディション (初回限定生産)シンデレラ プラチナ・エディション (初回限定生産)
出演:ウォルト・ディズニー
ブエナビスタ・ホームエンターテイメント
発売日 2005-10-21


継母一家のもとで下僕のように働かされていた娘シンデレラは、魔法使いのおばあさんの魔法によって美しく着飾ってお城の舞踏会へ赴き、そこで王子とダンスを踊り、幸福の絶頂を味わうのだが…。
シャルル・ペロー原作のおなじみの童話『シンデレラ姫』をディズニーがミュージカル仕立てで華麗な長編アニメーションとして映画化した名作中の名作。名曲『ビビディ・バビディ・ブー』(アカデミー賞主題歌賞受賞)のメロデイに乗せて、カボチャは馬車になり、シンデレラは美しいドレスを身にまとう。初公開時の日本タイトルは『シンデレラ姫』。
製作にあたっては、まず人間の動きをライヴ撮影し、その画面にアニメーションを作画していくという、当時としては画期的な手法がなされている。(的田也寸志)

シンデレラ プラチナ・エディション 2005-11-05
昔TVで見たりしていたので、懐かしく思い予約して買ってみました。ところが、私が前に見たものとは全く違っており(ディズニーではなかったので)、脇役のネズミや猫のやり取りなどがとても面白く、3歳の息子もすっかりはまってしまいました。 何度見てもハラハラするので、つい子供と一緒に毎回見入ってしまいます。 ただ本編だけを楽しみたい私達なので、プラチナではなくスペシャルの方にすればよかったなぁとちょっぴり後悔。 なので星が1つ欠けてしまいました・・・


さらに詳しい情報はコチラ≫


ディズニードラマスペシャル 星に願いを ~七畳間で生まれた410万の星~
出演:
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日 2006-07-07





さらに詳しい情報はコチラ≫


デビット・ハンド 白雪姫白雪姫
出演:
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日 2006-07-26





さらに詳しい情報はコチラ≫


ディズニー くまのプーさん 80周年記念ボックスくまのプーさん 80周年記念ボックス
出演:
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日 2006-05-24





さらに詳しい情報はコチラ≫


ディズニー わんわん物語 プラチナ・エディション (初回限定生産)わんわん物語 プラチナ・エディション (初回限定生産)
出演:
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日 2006-03-17


ディズニーアニメのクラシックのなかでも、プリンセスものではなく、超人気キャラが出ているわけではない本作が、50年以上も根強い支持を受けているのは、ストーリーの質の高さにあるだろう。お金持ちの家に飼われるコッカスパニエルのレディと、野良犬のトランプとの恋は、本作の直前に世に出た『ローマの休日』とダブり、キャラクターが犬であることを忘れさせる。レディはとことん可愛く、トランプは孤高でカッコいい。それでいて、犬独特のキュートな仕草に、頬が緩みっぱなしになるのだ。
音楽でも、佳曲が多いのが本作の特徴。あの有名なスパゲッティを食べるシーンで、ウェイターがアコーディオン片手に奏でる「ベラ・ノッテ」は、その後の夜のデートへの流れとともに、ドラマと音楽のマッチという点でディズニー作品のなかでもダントツのすばらしさだ。そして、時代を超えて色褪せないのが、アニメ技術の高さ。犬たちはもちろん、2匹の黒猫の意地悪さや、行き交う車をレディがすりぬけるアクション場面など、アニメーションとしての見どころも多い。大人がアニメを観て子ども心を取り戻す作品というのは数多いが、そのなかでも傑出した名作である。(斉藤博昭)


さらに詳しい情報はコチラ≫

スポンサーサイト


テーマ:アニメ - ジャンル:映画

未分類 | ブログトップへ | トラックバック:0 | レス:0
(2006/06/08(木) 00:59)

<<大人のぬりえ 色鉛筆 | ホーム |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://deviewaffili.blog70.fc2.com/tb.php/1-00f4a683
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 アフィリエイト初心者の試行錯誤 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。